炭を使ったリフォーム

「敷炭(しきたん)を土台に」

  昔の人は建物を建てるときに、敷地を掘って、炭を埋め込むという作業を行いました。

  お寺や神社の下にも炭を埋めたようです。

  建物の下に木炭を埋めると、湿気が取り除かれ、シロアリなどの害虫を遠ざけて、

  建物の寿命を長持ちさせることができます。また、嫌な臭いをとってさわやかな空気を作る

  効果もあります。1Fのリビング内などの空気がとても美味しくなります。

  さらに、風通しを良くすると、花粉症やアトピー性皮膚炎も軽くなります。

   敷炭は建物の床下に炭又は敷炭専用の粒炭を敷き詰める簡単な方法です。

  

      いったん敷きつめると何年でも効果は持続します。

 

 

「畳床に炭塗料を塗布」

 畳の素材である井草は湿度が高い時には吸湿、低いときには放湿する性質があります。

 炭も調湿効果に優れていて、有害物質の吸着や脱臭効果もあります。

 井草と炭を組み合わせることで、さらに効果を高め、カビやダニを大幅に減らすことが

 できます。

 夏は涼しく、冬は暖かい効果もあります。

  

               畳床に炭塗料を塗布

 

「柱に炭塗料を塗布」

  建物を建てる柱に防蟻剤をつけたものが一般的です。柱についた青緑の色が防蟻剤です。

  健康に害のある成分が含まれていて、シックハウスの原因になる可能性があると言われ

  ている。

  そこで、防蟻剤の代わりに炭塗料を塗布したらいかがだろうか?

  実際の新築現場で炭を柱に塗った写真を見ていただきたい。

  炭は調湿効果に優れていて、有害物質の吸着や脱臭に効果があります。

  シロアリにも有効ですので、防蟻剤よりも健康にいいと思います。

   

        土台はヒバのため炭は塗布しません。

 

 「壁に炭塗料を塗布」

  壁に炭塗料を塗布することで湿気防止、脱臭効果、空気清浄効果が期待できます。

  炭を塗布した壁に、和紙やコットン素材のクロスを貼ると、炭の効果をそのまま発揮

  させる事ができます。但し、ビニールクロスを貼ると、通気性が途絶えるため、炭の

  効果は半減してしまいます。

   

 

「備長炭パウダー塗料」の塗布

 ヒノキの腰板の裏側に、備長炭パウダー塗料を塗って、室内の空気を良くするには最適な

 方法と言える。室内にマイナスイオンが増えて、いやしの空間となる。

また、畳下の木部に塗ったり、フローリングの下端に塗ったり、ベニヤの片面に塗った

り、紙や布クロスの下地に塗ったり、下駄箱の棚板に塗ったりなど、様々な箇所に塗布で

きるため、シックハウス予防にも役に立つ。

 

効果

 ●有害化学物質を除去し、シックハウス症候群防止

 ●マイナスイオンの供給で心身のリラクゼーション効果

 ●遠赤外線の放射で省エネ効果

 ●水蒸気を除去し塗膜の膨れ防止

 ●水分を除去し建材の凍結破損防止

 ●室内を除湿しカビ・ダニ発生防止

 

「麦飯石塗料(ヴァージンペイント)」の塗布

 麦飯石(ばくはんせき)は何億年も海底に眠り、海水の養分をたっぷり吸った

 花崗岩の一種。

 備長炭と同じ効果があり、色がクリーム色のため、部屋の壁に塗布することができる。

 マンション北側にある部屋にカビが生えて、子供が息ができなくて困っているので

 麦飯石塗料を塗布。

 


効果

 ●有害化学物質を除去し、シックハウス症候群防止

 ●空気中の汚れの成分や不純物吸着による脱臭効果

 ●遠赤外線の放射で省エネ効果

 ●水分を除去し建材の凍結破損防止

 ●室内を除湿しカビ・ダニ発生防止

 

 

 

|