介護保険によるリホーム

1. 「介護保険を利用するには、介護保険の給付は、保険証を持っているだけでは受けられません。
   まず、要介護者は、要介護状態の基準に該当するかどうか、保険者(市町村)が行う要介護
   認定を受けなければなりません。」


2. 住宅改修の概要
   要介護者等が、自宅に手すりを取付ける等の住宅改修を行おうとするときは、必要な書類を
   添えて、申請書を提出し、工事完成後、領収書等の費用発生の事実がわかる書類等を提出す
    ることにより、実際の住宅改修費の9割相当額が償還払いで支給される。
   なお、支給額は、支給限度基準額(20万円)の9割(18万円)が上限となる。
   ※ 改修前に市町村との事前確認(申請)が必要となります。

 

  


3. 住宅改修の種類
     (1) 手すりの取付け
    (2) 段差の解消
    (3) 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
     (4) 引き戸等への扉の取替え
     (5) 洋式便器等への便器の取替え
     (6) その他前各号の住所改修に付帯して必要となる住宅改修


4. 支給限度基準額
   20万円
     ・ 要支援、要介護区分にかかわらず定額


5. 一般的な住宅改修の手順
      介護認定       ↓       ケアマネージャーとの相談        ↓       リフォーム業者をまじえての打合せ         ↓       見積書、工事図面作成       ↓       工事        ↓     保険金の請求        ↓      業者への支払        ↓      保険金の振込み


6. 必要書類(宇都宮市の場合)
    ・介護保険居宅介護(予防)住宅改修費支給申請書
    ・領収書(被保険者の氏名と介護保険住宅改修工事などの但し書きが記載されているもの)
   ・見積書(発行者の氏名と発行者の印があるもの)
   ・住宅改修前・後の写真(撮影年月日が写っていうもの。)

   
・理由書(工事着工前に、介護支援専門員(ケアマネージャー)に改修の相談と理由書の作成
    を依頼してください。)
    ・住宅の所有者の承諾書(住民票上での同居の家族が所有者である場合は不要)
    (注1)対象となる住宅は住民票に記載されている住所の住宅です。
    (注2)介護保険施設や病院などに入所・入院されている方は利用できませんが、退所・退院日
      が決まっている方は利用できます。

 

 

          

 

      

 

                      

                                   施工事例

 

                              

 

|